効果的に旦那さんに薄毛治療を勧めるコツ

旦那さんが奥さんからAGA薄毛治療を勧められるのを待っていることを知ると、奥さんとしては俄然やる気が出てきますよね!

でも、何度も言っていますが、髪の毛の悩みはとてもデリケート。

いくら旦那さんが密かに医療機関に行くことを考えていると言っても、声かけは慎重にしなければいけません。

もしデリカシーのない言い方をしてしまうと、旦那さんを傷つけてしまい、頭髪治療に対して後ろ向きになってしまう場合も…。

では、旦那さんにAGA薄毛治療を受けてもらいたい場合、どのように声をかけるのが良いのでしょうか?

注意したいのは3点です。

①プライドを傷つけるような言い方をしないこと。

「ハゲているのが嫌だから」、「抜け毛の掃除が面倒」など、男性のプライドをズタズタにする言い方は絶対NGです。

薄毛に対してさらにストレスを溜めてしまう原因になるので注意しましょう。

②深刻な雰囲気で勧めないこと。

あまり深刻に言い過ぎると、あなたが過剰に毛髪のことを気にしているように感じさせてしまいます。

明るい雰囲気で話しかけるようにしましょう。

③お金の心配をさせるような言い方をしないこと。

男性が発毛治療に踏み出せないのには、高額な治療費も原因になっています。

お金のことはあまり心配させないようにし、治療に専念できることをアピールしましょう。

これら3点に気をつけた上で、「一度医療機関に相談するのも良いかも」、「やるだけやってみよう」などと、軽いタッチで勧めると効果的です。